【味劇場 ちか】予約必至の人気店!繰り広げられるのは、まさに「味劇場」

味劇場 ちかとは?

四万十市中村にある新鮮な魚介や、あおさ海苔などの地元食材を使った料理が楽しめるお店。
特徴的な内装はまさに劇場そのもの。そこで繰り広げられる「味劇場」は旅行者、ローカル共にとても評判が高いお店です。

メディアに取り上げられすぎて予約なしだと入れないこともあるそうなので、予約していくことをおすすめします。

味劇場 ちかの外観と駐車場

人気店なので派手な外観をイメージしていましたが、外観はいたって主張のない「隠れ家的な雰囲気」となっていました。
味劇場ちか外観

ちなみに駐車場は、お店から20メートルくらい北の十字路横にあります。
「ちか」と立て札が立っているのでわかりやすいですよ。

味劇場 ちかの店内

2階席に上がるとそこは、まさに「劇場」といった雰囲気の座席がありました。
1階の天井が吹き抜けになっていて、2階から調理場を見下ろせる独特の内装です。
味劇場ちか外観

見下ろすと結構な迫力です。こんな座席で美味しい地酒なんて飲んだらめっちゃ楽しく酔えそうですね。
味劇場ちか外観

1階席も湾曲したカウンターが厨房を囲む形になっていて、目の前で調理された料理が運ばれてくるスタイルです。
味劇場ちか外観 1階席

味劇場ちか外観 1階席

味劇場 ちかのメニュー

こちらが味劇場ちかのメニューです。たこわさ、モロキューなどの定番から、四万十鶏かつおうつぼなどの地のものまで豊富なメニュー構成です。
味劇場ちか メニュー
※クリックすると画像が拡大します。

味劇場ちか メニュー
※クリックすると画像が拡大します。

味劇場ちか メニュー
※クリックすると画像が拡大します。

土佐の地酒も揃っていますね。高知県のイラスト付きで分かりやすいです。
味劇場ちか メニュー
※クリックすると画像が拡大します。

味劇場 ちかの料理

まず頼んだのは、川エビの唐揚げ(790円)
四万十川でとれるテナガエビは、昔から庶民の味として親しまれていますが、現在は漁獲量も下がってきており天然のものは貴重です。
パリッと揚がっていて、中はしっかり身も詰まっています。
暑い夏にビールと合わせたら最高ですね。
味劇場ちか メニュー

こちらは青さの天ぷら(630円)
「青さ」も四万十川の汽水域の豊かな水の中でゆっくり育ったもの。
見た目は地味ですが、口の中に入れて噛むとジュワッとノリの香りが広がって美味しいです。
味劇場ちか 青さの天ぷら

味劇場ちか 青さの天ぷら

塩、天つゆ、どちらも合います。
味劇場ちか 青さの天ぷら

凄まじい迫力の焼きサバ姿寿司(1800円)
ネット上でもすこぶる評価が高い名物料理です。
四万十で食べることができるサバのほとんどは、近海の土佐清水の清水サバです。
その味は全国的に有名な大分の関サバをもしのぐと言われるほど美味しく、都心部ではあまり流通していないので、まさにここでしか味わえない味覚です。
味劇場ちか 焼きサバ姿寿司

たった一切れでもかなりのボリュームがあります。
味劇場ちか 焼きサバ姿寿司

食べ方はお醤油などつけずにそのまま頂くとのこと。
シンプルですが、焼きサバの深みのある味わいと酢飯が抜群に合います。
これは名物料理になりますね。
味劇場ちか 焼きサバ姿寿司

特に人気のお酒は?と伺うと、こちらの船中八策をオススメしていただきました。
土佐地方では辛口が好まれるんだそうです。

味劇場ちか お酒

MEMO
「船中八策」は、超辛口でありながら滑らかな味わいの純米酒。
明治新政府のあり方について、坂本龍馬が船中にて考えた策に由来するロマン漂う逸品。
地元高知県でも、「最も土佐酒らしい辛口ならコレ!」、「カツオにはこの酒が最高!」と熱っぽく語るファンも少なくありません。

他にも、ガツンとくる飲みごたえが人気の淡麗辛口の酔鯨や、四万十川の伏流水を使用した美酒久礼も人気だそうです。

味劇場 ちかのおすすめポイント

  • 味はもちろんのこと、店内の雰囲気や内装すべてがエンターテインメントのよう。
  • 焼き鯖寿しは一見の価値有り。

味劇場 ちかの情報

名称 味劇場 ちか
住所 高知県四万十市中村新町1丁目39−2
電話番号 0880-34-5041
営業時間 17時00分~22時30分
定休日 月曜定休
駐車場 あり
公式ホームページ 味劇場ちかHP

まとめ

今回はサクッと紹介させて頂きましたが、次回はゆっくり飲みに行きたいなーと思ってます。
超人気店なので、繁忙期は予約をされた方が間違いないですよ!