四万十に来たら絶対に見ておくべき、観光おすすめスポットベスト5


管理人鈴木

ども、鈴木と申します。
81年 神奈川県藤沢市生まれ。2018年に四万十移住。
似ている芸能人は「オードリーの春日」。春日の顔がたまらなく好きっていう女性の方がいましたら連絡ください。いないか。
ライターでもなんでもないですが、勝手に四万十を紹介しています。
よろしくお願いします。

「 四万十に来たら絶対に見ておくべきスポットベスト5」

ということで、今回はいつにも増して力の入った企画になっております!
↑いつも力入れろよ。。

四万十移住者の一意見ですが、

せっかく四万十に来たのなら、

「この景色はぜひ見てほしい。ここに寄るとグッと旅が深いものになる。」

そんな場所がございます。

有名だったり、ガイドブックに載っていたりするわけではありませんが、友人が四万十に遊びに来た際は必ず寄る場所です。

今回はそんなスポットをご紹介していきたいと思います。

四万十旅行に行く方はぜひぜひ、のぞいていってくださいませ。

ではでは、前置きは良いとしてさっそくいってみましょう~。

5位 黒尊川

四万十に来る人はほぼ100%四万十川を見ると思いますが、その支流を意識して見る人は少ないかと思います。
四万十の支流は透明度が高く風光明媚な川が多く、中でも最も美しいとされているのが黒尊川です。
その透明、緑、青のグラデーションは息を呑む美しさです。
四万十の下流域、口屋内から橋を渡ってすぐなので、ぜひ見てみてください。

黒尊川

黒尊川

行きかた:「口屋内大橋」を目指してください。国道441号線から口屋内大橋で四万十川を渡り右折すると黒尊川につきます。

4位 道の駅四万十とおわ or 道の駅よって西土佐

四万十に道の駅はいくつかありますが、ぜひこの2つのどちらかには寄ってほしいです。
やはり道の駅は観光客がもっとも多く集まりお金を使う場所なので、周辺のおいしい物や工芸品も集まっています。(当たり前ですが、、)
食べ物や物を通して四万十の文化や伝統を知るというのはやはり王道ですが近道かなと思います。特にこの2つの道の駅は陳列や内容が充実しているのでおすすめです。

道の駅 とおわ or よって西土佐
【道の駅 よって西土佐】四万十に来たらぜひとも寄ってほしいのがここ。

道の駅 とおわ or よって西土佐
【道の駅 四万十とおわ】四万十川を眺めながらゆっくり休憩したい人にオススメ!

3位 岩間沈下橋

増水時に沈む橋「沈下橋」は、四万十川のシンボル的な存在ですが、楽しみ方としては「橋を眺める」「橋から眺める」があると思います。
「橋を眺める」のに最適なのは、川が大きく蛇行していて景観が広く、水面が鏡面になって空や山を反射しやすい岩間沈下橋がもっとも美しいのではと思ってます。
ただし岩間沈下橋は通行できないので、「橋から眺める」場合は他の沈下橋をおすすめします。(勝間沈下橋など。)橋から眺める景色もまた違った良さがあります。

岩間沈下橋
岩間沈下橋
【岩間沈下橋】四万十川らしい雄大な景観に見惚れる

勝間沈下橋
勝間沈下橋
【勝間沈下橋】広い河原と雄大な山々でのんびり気分満喫!

2位 西土佐集落風景

四万十に暮らす人々の家や畑、川と共に生きる生活は、都会のそれとはまるで別の国のように違いますが、そんな人々の暮らしの風景を間近で見て感じられるのが四万十川中流域にある西土佐地域(旧西土佐村)です。
四万十川を観光する際に通る幹線から少し外れてみると、観光地化されていないのどかな山村風景に出会うことができます。

西土佐集落風景

西土佐集落風景

西土佐集落風景

西土佐集落への行きかた

上の地図はA道の駅よって西土佐、B大宮郵便局、Cいわき食堂となっています。
A、Cどちらからでも車で40分くらいのドライブコースで、BからCは四万十川の支流「目黒川」の美しい流れを眼下に眺めることができます。
もちろんグルっと周らなくても、少しのぞくだけでも面白いかと。

山あいの中を行くのでサイクリングにもおススメのコースですが、AからBは斜面が多くかなりきついので、BからCがフラットでおすすめです。
江川崎駅ではレンタサイクルがあります。江川崎→C→B→C→江川崎というコースでも片道2時間くらいはありますので体力に自信のある人はチャンレジしてみてください。

【絶景レンタサイクル!!】四万十川を自転車で疾走するならここで借りろ!

1位 四万十市郷土博物館 or 四万十町郷土資料館

四万十市と四万十町は隣接する別の市町村ですが、それぞれに郷土資料館、博物館があります。
この二つはまったく別のものですが、それぞれに良さがあり、四万十地域に古くから生きる人々の生活や文化、歴史と言ったものを理解するのにとても役に立ちます。

四万十市郷土博物館のほうは、階によりテーマが分かれており貴重な歴史的資料などがとても分かりやすく、見やすく展示されているので、歴史に詳しくない人でも理解しやすいナイススポットです。
四万十町郷土資料館は、農業、川漁、昔の生活に使っていた民具など圧倒的な資料数と親切な説明書きにより、これまた初心者にも優しく、興味深いアイテムに多く出会えます。

四万十旅行に行く前にどちらかに寄っておくと、旅がグッと深みのあるものになるかと思います。時間があれば寄っておくことを全力でおススメします。

四万十市郷土博物館
四万十市郷土博物館
【四万十市郷土博物館】四万十の歴史、民族をサクッと予習できる

四万十町郷土資料館
四万十町郷土資料館
【四万十町郷土資料館】四万十の暮らしの道具を圧倒的な展示数所蔵した資料館。

まとめ

四万十川の見どころをご紹介してきましたが、

窪川から中村までグルっとドライブする場合は、今回ご紹介したすべてのスポットを覗くことができるかと思います。

時間に限りがあるかとは思いますが、気になる場所は、ぜひ旅のコースに取り入れてみてください!

 

 

 

四万十に1年間住んでおいしかったお食事どころをまとめました。こちらも良かったらどうぞ。↓
【厳選】四万十市のランチにおすすめのレストラン5選!!

四万十のおいしいお魚が食べたいならこちら↓
【厳選】四万十ローカルがおすすめする四万十市の美味しい居酒屋5選(中村周辺)

カヌー体験のまとめはこちら↓
【カヌー・カヤック】四万十川でカヌー体験をするならここ!4社徹底比較!!

四万十川の屋形船徹底比較はこちら↓
【保存版】もう迷わない!!四万十川の屋形船、遊覧船の乗り場を徹底比較

キャンプ場まとめはこちら↓
【キャンプ場】四万十在住の僕がオススメする、四万十川沿いのキャンプ場・コテージ12選

レンタサイクルの借り方はこちら↓
【絶景レンタサイクル!!】四万十川を自転車で疾走するならここで借りろ!

四万十川ドライブのおすすめコースはこちら↓
絶景!四万十川を堪能 おすすめドライブルート 所要時間付き

四万十川までのアクセス方法についてはこちら↓
【保存版】四万十川の行き方 飛行機・バス・電車でのアクセス方法を完全解説!!

そもそも四万十川の基本情報を知りたい方はこちら↓
【初心者必見!!】四万十川ってどんな川?場所、暮らし、食べ物についてざっと解説します!!