【保存版】四万十川の行き方 飛行機・バス・電車でのアクセス方法を完全解説!!


管理人鈴木

ども、鈴木と申します。
81年 神奈川県藤沢市生まれ。2018年に四万十移住。
似ている芸能人は「オードリーの春日」。春日の顔がたまらなく好きっていう女性の方がいましたら連絡ください。いないか。
ライターでもなんでもないですが、勝手に四万十を紹介しています。
よろしくお願いします。
「大学を卒業後、なんとなくで入ってしまった会社で、今日も社会の歯車として心なく役割を演じている。
あいかわらず仕事には何の情熱も持てず、かといって転職したい先もないため、ただ成り行きで現在の会社に所属を続けている。

しかし業務の激しさは増す一方だ。やってもやっても仕事は尽きることがない。

叫んでみようか。。

しかしそんなことをしたら精神を壊したと物のように捨てられ、世間からは負け組の烙印を押され、医者からは精神薬を飲まされるのがオチだろう。。

もうこりごりだ。こんな世の中。」

 

 

 

 

「そうだ、四万十に行こう。」

 

 

 

 

四万十川に旅行に行く10人に4人は上記のような病んだ理由で旅行に来るらしいです。(嘘です。)

冗談はさておき、

四万十川まで旅行に行こうと思うと、

「そもそも四万十川ってどこに、どうやって行けばいいの?費用はいくらくらいかかるの?」

そんな疑問が浮かんできます。

今回はそのあたりをまとめておこうと思います。

四万十川の場所、玄関口

まず、四万十川への行き方の説明をする前に、四万十川観光の一般的な玄関口を知っておくと話が早いです。

下の地図は四万十川の玄関口、A窪川、B江川崎、C中村を結んだ、道路地図です。

四万十川は、その道路(青い部分)の横をうねうね流れていると思っていただければイメージしやすいかと思います。

東の玄関口:A 窪川(上流)
西の玄関口:B 江川崎(中流)
南の玄関口:C 中村(下流)

はい、この3つの玄関口をまず覚えてください。テスト出ますよ〜。

四万十川の行き方

四万十川旅行といっても四国全体を周る人もいるし、中村だけに来て帰る人もいるので、行き方といっても簡単には説明できないのですが、

ざっくり言うと、松山市か高知市まで飛行機や夜行バスで来て、そこからレンタカーや鉄道で四万十川に向かうパターンが多いです。(下の地図参照)

もちろん、すべて自家用車で来て周る人鉄道のみで周る人も多くいますので、実際には費用、時間、寄りたい観光地などを考慮して、それらの複合で様々なパターンがあると思われます。

四万十川の行き方

高知市、松山市までの交通(飛行機・高速バス・電車)

高知市、松山市まで飛行機

高知市・松山市までの交通

高知市、松山市まで飛行機で向かう場合、高知空港と、松山空港があり便利です。

最近では両空港ともに、いわゆる「格安航空会社」(バニラエア、JETSTARなど)が入っており、大阪、東京などの都市部からかなりの低料金でフライト可能です。

どれくらい安いかというと「深夜バスより少し高いくらい」です。時期によっては深夜バスより飛行機のほうが安いことも多くあります。

MEMO
例:松山-東京往復 2019/7/30-31 フライト時間1.5h程度
飛行機(JETSTAR) 往復料金 22,677円
バス(コトバス) 往復料金 17,800円

高知市・松山市まで夜行バス

高知市・松山市までの交通
もっとも安く移動したい場合は、やはり夜行バスになることが多いと思います。

夜寝ながら移動して、朝には着くので時間を効率的に使えるという魅力もありますね。

ただ、人によっては「安眠できないから疲れる。。」とか、「長時間座りっぱなしは辛い。」って人もいます。

ちなみに関西からの場合、大阪から中村や窪川まで直通で行く便もあったりします。

 

高知市・松山市まで電車

鉄道の場合は岡山まで新幹線、そこから特急で松山駅、高知駅までいけます。
一番頭をつかわず、時間も融通が効きやすいといったメリットがある一方、費用は最も高くなります。

MEMO
例:松山-東京往復 2019/7/30-31 片道6h程度
往復料金 38,520円

高知市・松山市から四万十川までと、四万十川の交通(車・鉄道)

高知市・松山市から四万十川まで

高知市、松山市から四万十川まで車

高知市、松山市から四万十川まで車で行く場合、高知空港から窪川までは1h、松山空港から江川崎までは2h程度で行くことができます。(高速利用)

四万十川を周遊する場合にも、車は最も自由に動き回ることができ旅行しやすいです。

おすすめのドライブコースをまとめたので良かったらご覧ください↓
絶景!四万十川を堪能 おすすめドライブルート 所要時間付き

 

レンタカー会社は高知市、松山市の、駅、空港に多数あり、料金も都心部と同程度です。

MEMO
例:2019年07月29日〜31日 高知駅のレンタカー会社
小型5人乗りデミオ同クラス 2泊3日 カーナビ搭載 免責補償込み 
13,700円

ただし、GWやお盆などのハイシーズンは車両がなくなり料金も高騰したりするので早めの予約が吉です。

高知市、松山市から四万十川まで鉄道

おすすめレンタカー比較

高知市、松山市から四万十川まで鉄道で行く場合、とくに松山駅からだとタイミングにより乗り換えにかなり時間を要し、乗車時間は少なくても、所要時間が膨らむことがありますので注意が必要です。

高知駅からの鉄道のほうが、松山駅からよりは乗り換えがスムーズなことが多いです。

MEMO
2019/07/30 松山駅(愛媛) → 江川崎
11:26発 → 16:47着  4,330円 所要時間5時間21分 乗車時間2時間33分

2019/07/30 高知駅 → 窪川
11:39発 → 12:47着  3,360円 所要時間1時間8分 乗車時間1時間8分

 

窪川から江川崎までは予土線という四万十川の上流部に沿って走る鉄道に乗って、四万十川観光をすることが可能です。

予土線は、ちょうど蛇行する四万十川を串刺しにするように線路が敷かれているため、景色が左右に現れてとても綺麗です。

ただし、電車の乗り降りや、駅から離れた場所に行けないなど、車にくらべると少し不自由に感じるかもしれません。

まとめ

都市部から四万十川までくるのは、はっきり言って大変です。

どこから来たとしてもサクッとすぐに到着できるような場所ではありません。

 

しかし、だからこそ残っている日本の原風景や、都会の人が忘れてしまった人間らしい心の暖かさがあるのかもしれません。

ぜひ四万十に遊びに来てみてくださいね。

 

 

そもそも四万十川ってどんな川?? 長さとか位置とか、特徴とか観光名所とかの基本情報をざっとまとめましたのでこちらもどうぞ↓
【初心者必見!!】四万十川ってどんな川?場所、暮らし、食べ物についてざっと解説します!!

 

 

 

四万十に1年間住んでおいしかったお食事どころをまとめました。こちらも良かったらどうぞ。↓
【厳選】四万十市のランチにおすすめのレストラン5選!!

四万十のおいしいお魚が食べたいならこちら↓
【厳選】四万十ローカルがおすすめする四万十市の美味しい居酒屋5選(中村周辺)

カヌー体験のまとめはこちら↓
【カヌー・カヤック】四万十川でカヌー体験をするならここ!4社徹底比較!!

四万十川の屋形船徹底比較はこちら↓
【保存版】もう迷わない!!四万十川の屋形船、遊覧船の乗り場を徹底比較

キャンプ場まとめはこちら↓
【キャンプ場】四万十在住の僕がオススメする、四万十川沿いのキャンプ場・コテージ12選

レンタサイクルの借り方はこちら↓
【絶景レンタサイクル!!】四万十川を自転車で疾走するならここで借りろ!

四万十川ドライブのおすすめコースはこちら↓
絶景!四万十川を堪能 おすすめドライブルート 所要時間付き

そもそも四万十川の基本情報を知りたい方はこちら↓
【初心者必見!!】四万十川ってどんな川?場所、暮らし、食べ物についてざっと解説します!!