【古民家カフェ半平】明治期の和建築から庭園を眺め、おいしいお茶をいただく至高の時間

古民家カフェ半平(旧都築邸)とは?

「古民家カフェ半平(はんぺい)」は幕末から明治にかけ四万十町で一財を成した実業家「都築半平」の古民家(旧都築邸)を改装したカフェ。

明治期に建てられた中上流階級の落ち着きのある住宅や庭をゆっくり眺めることができ、深みのある日本美に思わず心奪われます。

店内はセンスの良い本が多く揃っていて、和菓子やお茶をいただきながら静かな時間を過ごすことができます。

古民家カフェ半平の内装

こちらが「古民家カフェ半平」の概観。
外はあいにくの雨だったんですけど、むしろ雨だからこそ引き立つ場所のように感じました。
古民家カフェ半平の概観

入り口にはかわいらしいメニューボード。
古民家カフェ半平の入り口

店内はかなり広く、沢山の部屋があります。
古民家カフェ半平の部屋

さまざまなジャンルの本があります。絵本から写真集、小説、洋書まで。自由に手にとって読んで良いというからありがたい。
古民家カフェ半平の本

店員さんのセンスなのでしょうか。陳列から「この本いいですよ。」というメッセージが聞こえてきそう。おかげで気になる本がたくさんできました。
古民家カフェ半平の本

窓際のテーブル席。
古民家カフェ半平のテーブル席

外はシトシト雨が降っていました。
古民家カフェ半平の雨

どこを切り取っても絵になるお部屋。
古民家カフェ半平の絵になるお部屋

椅子の席もありました。
古民家カフェ半平のテーブル席

古民家カフェ半平のメニュー

可愛らしい手書きのメニュー。
古民家カフェ半平のメニュー

パフェもおいしそうですね。
古民家カフェ半平のパフェ

古民家カフェ半平の和菓子セット

注文したのは季節の和菓子と抹茶(600円)
古民家カフェ半平の和菓子セット

お、おおう。きれいやな~。←見慣れない食べ物を前にとまどっている。
古民家カフェ半平の和菓子セット

こちらは鉄線(てっせん)という和菓子だそうです。
古民家カフェ半平のお菓子

美しい鶯色の抹茶。
古民家カフェ半平の抹茶

静かに聞こえる雨音と、うるさすぎないBGM、美味しいお菓子。良い時間やな~。

心と脳が静まっていくのを感じます。

やはり日本人は、和風が落ち着くように遺伝子レベルでインプットされているように思いました。
古民家カフェ半平の景色

古民家カフェ半平のレジ前販売コーナー

レジ前にはかわいらしい小物が販売されていました。
こちらは四万十町出身の画家さんの絵葉書。
古民家カフェ半平の絵葉書

箱入り便せん(600円)おいてあるものがどれもセンスいいですね。
古民家カフェ半平の便箋

古民家カフェ半平のおすすめポイント

  • 明治34年建築の土佐の伝統技術を駆使した建物が美しい。
  • センスの良い沢山の本が読み放題。素敵な本との出合いがあるかも。

古民家カフェ半平の情報

名称 古民家カフェ半平
住所 高知県高岡郡四万十町茂串町2-3
電話番号 050-8807-5075
営業時間 10時00分~16時00分
定休日 木曜定休
駐車場 あり
公式ホームページ 古民家カフェ半平HP

まとめ

それにしてもお菓子が美味しかったです。

お菓子自体が美味しいのか、お店の雰囲気からそう感じるのか。

まー素直にこの時間を楽むだけ。品のある大人はいちいち野暮なことは考えないものだ。(って何かの本で読んだ気がする。)

そろそろ行くか。次の用事があったため店を出ましたが、次はまたゆっくり時間をとって気になった本を読みにこようと思いました。