【ゆういんぐ四万十】不思議な脱力感とグルメすぎるフードコートを持つサービスエリア

ゆういんぐ四万十とは?

「ゆういんぐ四万十」は高知市から四万十川に向かう高速道路の最終IC「四万十町中央IC」を出てすぐにあるサービスエリア。

地場産品のお土産が充実していて、フードコートも地元の食材を使ったメニューが美味しいと評判。トイレも綺麗です。

決しておしゃれなお店ではないですが、朝7時からオープンしていることもあり旅行者にはありがたいスポットです。

ゆういんぐ四万十の外観と駐車場

こちらが「ゆういんぐ四万十」の外観。駐車場は広くとめやすいです。
ゆういんぐ四万十の外観と駐車場

ゆういんぐのじゃこ天

高知名物じゃこてん(160円)。じゃこのすり身を揚げただけのシンプルなものですが、高知では昔から庶民に愛され続けている味です。
ゆういんぐのじゃこ天と揚げ物

じゃこごぼう(260円)、げそ巻き(260円)
小腹が減った旅行者が何を食べたいかを知り尽くしている「ゆういんぐ」の恐ろしい罠です。
「罠だろうがなんだろうが美味しければそれでいい!!」と叫びながら、むしゃぶりつきましょう。
ゆういんぐのじゃこ天と揚げ物

全体的に良心価格のゆういんぐさん。恐ろしいとか言ってごめんなさい。
ゆういんぐの軽食

脱力系土産の聖地「ゆういんぐ」

観光地に必ずある脱力系のお土産を見るのが結構好きです。
「なんでこれ製品にしたかな。。」みたいな

そんな商品が沢山あって見るものを飽きさせないのも、ゆういんぐ四万十の魅力の一つ。
ゆういんぐのお土産

Hello kitty キャンディクリアキーホルダー(650円)
ゆういんぐのお土産

土佐鰹タタキストラップ(380円) シュールを通り越してちょっと気持ち悪い。。
ゆういんぐのお土産

お土産いっぱいの売店コーナー

こちらはお土産や産直の食べ物を販売している売店コーナー。
ゆういんぐの売店

おいしそうな豆大福(130円)
ゆういんぐの売店

土佐ジロール(180円)高知のブランド鶏「土佐ジロー」の卵から作られたロールケーキ。
ゆういんぐの売店

お土産の品揃えがすごい。
ゆういんぐの売店

「栗」の産地としても有名な四万十。四万十栗のタルト(650円)
ゆういんぐの売店

伝統的な製法を受け継いで作られた四万十炭を使用し焙煎されたコーヒーは香りがとても良いです。
四万十珈琲(540円)
四万十珈琲

ゆういんぐのフードコート

ゆういんぐには地元食材を食べられるメニュー豊富なフードコートがあります。
ラーメン、丼物、とんかつ、ハンバーグ、焼肉。日本のがっつり系メニューがすべて揃っているような夢のような場所です。
ゆういんぐのフードコート

ゆういんぐの食堂

個人的に一押しはこの「四万十ポーク三種丼(850円)」
窪川のブランド米「仁井田米」を食べて育った「米豚(こめぶた)」は霜降りが豊富で、普通の肉より甘みや香りも強い美味しい豚です。
ゆういんぐの食堂

豚の味がめっちゃする〜!しかもボリューム満点!最高っす。
ゆういんぐの食堂

ゆういんぐ四万十のおすすめポイント

  • 見応えのある売店とメニュー豊富なフードコートなど旅行者の心を鷲掴みにされるスポット
  • 脱力系土産の聖地(と勝手に呼んでいる。)

ゆういんぐ四万十の情報

名称 ゆういんぐ四万十
住所 高知県高岡郡四万十町東大奈路514−14
電話番号 0880-22-5188
営業時間 7時00分~20時00分
定休日 なし
駐車場 あり
公式ホームページ ゆういんぐ四万十HP

まとめ

高速ICすぐの場所にあるので、高知方面からはまさに四万十の出入り口にある「ゆういんぐ四万十」

四万十旅のスタートに寄ってドライブ中のお菓子を買うもよし。

四万十旅帰りに寄ってお土産を買うのもよし。

のナイススポットです。